コピ ルアク
バリでお土産にコーヒーを買いました。
これを飲むのは ちょっとだけ勇気が要る。

e0011664_2193367.jpg



コピ ルアク。
世界一のコーヒーとして、映画なんかによく出てきます。

コピはコーヒー、ルワックはジャコウネコのこと。
野生のジャコウネコが コーヒー園に忍び込んでコーヒーの実を食べる。
果肉は消化され、種(つまりコーヒー豆)だけがフンにまじって排出される。
これを集めて焙煎したコーヒー豆です。

ジャコウネコは麝香も分泌するくらいのヤツだから、コーヒー豆を体内で芳醇に熟成させ
風味豊かなコーヒーができる天然システム・・・・らしい。ふむふむなるほどー
世界一の意味は、希少さゆえの「世界一高い」 とか「世界一珍しい」で、 必ずしも「世界一おいしい」ではない気もする。

一生飲むことはないだろうと思ってた珍しい珈琲。
せっかくインドネシアに来たのでがんばって買ってみることにした。
(帰国後、ネットで調べたら楽天などで普通に通販してて プチがっかりしたw)
安めなのもあったけど、そういうのは人工生産システムだったり、さらに安いのはお米を黒く煎ったのを混ぜた悪質なのもあるそうなので
本物を見分ける予備知識のないあたしは相当悩んだ末、ちゃんとしたお店で一番値段の高いやつで、 挽いてない豆で、 WILDって書いてあるのを選んでみた。
50gで日本円にして1800円した。 たかーーっ!


そして飲んでみた。

うーーーーん

・・・・・

・・・・・・・

・・・・・よくわかんないw

あたしの舌 鈍感なんだもん

とくに ウンチくさいとか 麝香くさいとか風変わりなとこはない。
けど、普通においしい♪
カドカドした酸っぱ味や苦味がなくて、それでいて複雑でリッチな味と思った。あてにならない舌だけどねw
楽しかったバリ島を思い出してしあわせな気分になった。ありがとね、ジャコウネコ♪

e0011664_21151890.jpg


http://www.mandailingestatecoffee.com/



<コピ・ルアクの出てくる映画>

かもめ食堂
珈琲をおいしく入れるおまじないの言葉 「コピルアック」として出てくる


最高の人生の見つけ方
大金持ちのジャック=ニコルソンが 高価という理由だけで コピルアクを愛飲してると
モーガン=フリーマンが 「イタチのくそだ」とばらして、ふたりで大笑いする。
余命限られた二人の課題リストのひとつ 『涙が出るほど笑う』がこれで達成された。
[PR]
by kilkenny-cat | 2011-04-09 21:18 | キルケのリアル大航海

<< 3月のライオン 3月のライオン >>